Skip to content

レイクALSAの審査について

レイクALSAの審査について published on

新生銀行カードローン レイクALSAの申し込みを考えている方の中には、レイクALSAが消費者金融系カードローンから銀行系カードローンになったことで、審査が厳しくなったのでは?と心配されている方もいるかもしれませんが、審査基準は他の金融機関同様に公表されていないので明確なことは分かりません。

ですが、申込み条件である「満20歳~70歳で国内に居住している」「安定収入がある」という条件を満たしている方が審査対象になること、所謂ブラックリストに載っている場合審査落ちする可能性大ということはいえると思います。

その他、審査の傾向については、実際に申し込みをされた方の口コミや体験談を参考に推測することしか出来ません

ですが、他社借り入れ件数や借入総額、勤め先などに関する情報を偽って申請していた場合、すぐにバレてしまい、明らかに虚偽の申請をしていたと分かればその時点で審査は終了&否決となる、借入総額を少なめに申請していた、という場合も「信頼にかける」と判断され審査においてマイナスに働いてしまう、ということはいえるでしょう。

それから、新生銀行カードローン レイクALSAの最高融資額は500万円となっていますが、初めての申し込みで最高額を借りられる方はまずいません

また、総量規制外のカードローンですから必ずしも年収の1/3以内の貸付、という訳ではありませんが、口コミ等を見てみると年収の1/3以下で申し込むことで、審査に通りやすい傾向にあるようです。

レイクALSAの審査で否決されやすい方

カードローンの審査はそれこそ受けてみなければ結果がどう出るか分からないものです。

ですが、レイクALSAに限らず申込み条件を満たしていて、過去に金融事故を起こしていない、申請内容に誤りがない場合は特に問題がないとされ審査をクリアできる可能性が高いようですので、これら諸条件が整っているか?をまずは確認したうえ申し込みするかどうか決めると良いと思います。

ただ、短期間に複数社から借入を行った!複数の金融機関に申し込みした(もしくは申し込み中)といった場合は、信用情報機関に登録されており審査において不利になってしまう可能性が高く、「否決されやすい」といわれているので注意が必要です。

信用情報機関への問い合わせは必ず行われることですし、過少申請していたとしても借入件数や借入総額はいっぺんに出てきてしまうので、嘘の申請をしてもすぐに分かってしまいます。

また、借り急いでいる状況では、返済において不安材料があるとして、否決される可能性は高まるといえるでしょう。

ローンの新規申込みをする際は、他社借り入れ件数・金額は少な目の方が一般的にいっても審査が通りやすくなるので、レイクALSAに申し込みする前に、少しでも借金を減らせるものなら減らす、複数の金融機関から借入れを行っている場合は、減らせるものなら一件でも借入先を減らすようにしましょう。

複数社から借り入れがあるからといって必ずしも審査落ちするわけではなく、返済状況が良ければ借入れできることもありますが、残債を整理し解約手続きをとり1件でも借入先を減らすことが出来れば、それだけ審査において有利になることは間違いないでしょう。